蓄電池とは

蓄電池って知っていますか?普通の電池とは違って、電気を貯めて必要な時使うことが出来るんです。

電気を貯めておくとどんなメリットがあるのでしょうか。

蓄電池について詳しくなり、賢く電気代を安くする方法を考えてみましょう。

蓄電池とは?

蓄電池とは、一回限りではなく充電して何回でも使用できる電池のことです。

みなさんがよく使われる一般的な単三電池などは一次電池といい、放電のみで使いきりです。対して、蓄電池は二次電池と呼ばれます。

実はさまざまなところで使用されていますが、身近なところでは、スマートフォンのバッテリーやEVカーなどに使われています。

蓄電池は、太陽光発電との相性が良いといわれてます。太陽光発電システム自体は発電した電気を貯めることができませんが、蓄電池を併用することで効率よく太陽光発電を活用することが出来るのです。

ハイブリッド型と単機能型の蓄電池の違い

蓄電池には大きく分けて2種類の蓄電池があり、「単機能型蓄電池」と「ハイブリッド型蓄電池」があり、それぞれに使い方とメリット・デメリットがあります。違いを確認して、お家にあった蓄電池を設置しましょう。

太陽光発電との併用のメリット

蓄電池は太陽光発電システムとセットで使うのが将来的にお得です!

太陽光発電だけではなく、蓄電池と一緒に使うことで太陽光発電システムの機能を最大限に発揮することができます。

1⃣災害時にも役に立つ

日本ではここ数年で地震や洪水などの水害が頻繁に起こっております。

もしかしたら急に電気が使えなくなるかもしれません。

そんな時にも蓄電池が役に立つんです。蓄電池には常に通常使う電気と別に非常時用の電気を蓄えており、電力会社から電気が来なくてもしばらくの間は蓄電池の電気でまかなうことができます。

更に太陽光発電があれば停電時でも通常時同様に発電できるので、蓄電池に充電でき、夜も安心して過ごすことができます。

2⃣太陽光発電だけで生活できる!

電気代が高い昼間に太陽光発電で電気を作り、蓄電池に蓄えておきます。

夜に電気を使うときは蓄電池から電気を使うことができるので、うまくいけば0円で電気を使うことができます。

また、梅雨時期や雪の日などで太陽光発電ができないときは、深夜の電気代の安い時間に電気を買い、蓄電池に蓄えておくことができるので、安く電気を使うことが出来るのです!

太陽光発電で作った電気が余った場合は電力会社に電気を売ることもできます

🌞太陽光発電について詳しくはこちら

3⃣ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)におすすめ

蓄電池の購入を考えている方は一緒にエコキュートとIHクッキングヒーターの取付をすることが可能です!

エコキュートでお湯を沸かし、IHクッキングヒーターで料理することができれば、ガス代も電気代もかからないんです。

初期費用は高くなりますが、将来のことを考えると、すべて同時にオール電化にしたほうが絶対お得になります!これから家を建てる方やリフォームを考えている方はぜひZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)にして暮らしをもっと楽にしていきましょう!

🛁エコキュートについて詳しくはこちら

🍳IHクッキングヒーターについて詳しくはこちら

蓄電池のデメリット

蓄電池は太陽光発電と合わせて使えば様々なメリットがあることがわかりましたが、今後後悔しないように、蓄電池のデメリットも確認しておきましょう。

1⃣蓄電池は徐々に劣化していく

メーカーカタログなどに記載されている寿命やサイクル数はあくまで目安であるため、使用環境や使い方によっては劣化が早まる可能性があります。

リチウムイオン電池は、過充電や過放電を繰り返したり、極端に高温での環境で使用すれば劣化が早まり、充電できる最大容量が減っていきます。

このデメリットの対策

蓄電池を長持ちさせるには、できるだけこまめに充電することがポイントになります。

ギリギリまで使い切ったり、満タンまで充電したりしないようにしましょう。

また、置き場所も、直射日光の当たらない風通しの良い場所が長持ちのポイントです。

2⃣設置スペースが必要になる

蓄電池の設置場所は屋内型と屋外型があります。屋外だと、直射日光が当たらないスペースが必要です。蓄電池の容量が大きくなると、蓄電池自体も大きくなるので、設置できるスペースがあるか確認が必要です。

このデメリットの対策

最近では小型の蓄電池も増えておりますので、家庭にあったサイズの蓄電池を選びましょう。

グリーンパワーハウジングでは事前に自宅へ置き場があるか調査してから設置させていただきます

まとめ

・蓄電池は二次電池といわれ、スマホのように、何度でも充電して電気を使うことができる

・単機能型とハイブリッド型があり、家庭にあったものを選ぶとよい

・災害時には電気を貯めておくことができるので、安心できる

・太陽光発電システムと合わせれば電気代を0円にすることもできる

・蓄電池は劣化していくものなので、数十年後には買替が必要になる

・設置スペースの確保が必要だが、小型のものもあるので、家庭にあったものを選んでもらう